【BeatsX】レビュー&auで在庫GET!iPhoneと相性抜群♪

こんにちは。

ミカズキです:)

自由ってやつは〜

楽しいもんだぜ♪

気分は糸から解放されたピノキオ。

今までiPhone付属のEarpodsを使っていましたが、

Beats X ワイヤレスイヤフォンを買いました!

実は一週間前にApple Storeでオンライン注文していたのですが、

在庫切れ状態で出荷されるのがだいぶ遅かったので

待ちきれず在庫あるところを見つけてGETしました。

早速ですが、開梱&簡単なレビューと入手方法を紹介します。

スポンサーリンク
タグ大

開梱&付属品

【付属品】
①イヤフォン本体
②4サイズのイヤーチップ
③フィット感を高めるウイングチップ
④持ち運び用キャリングケース
⑤Lightning充電ケーブル
⑥クイックスタートガイド
⑦保証書
⑧MUSIC3ヶ月試用クーポン

イヤフォンカラーはホワイトを選びました。

ブラックやグレイ、ブルーなどもありましたが

iPhoneとの統一感と好みで選びました。

もともとのEarPodsもホワイトなので違和感も少ないです。

ただBeatsホームページや付属の電源ケーブルがブラックなところを見ると、

Beatsとしてはブラックがもっとも基本の色なのでしょうか。

⑧アップルミュージックのクーポンが付いているのは嬉しいです。

私はリリース直後の試用期間+α使っていましたが、

結局解約していました。

今はAmazonPrime会員にもなっているので

アップルミュージックをずっと使っていくという予定はありませんが

久しぶりに使い、初期の頃とどう変わったかも見てみたいと思います。

Macの場合、shift+option+Kでが入力できると今回初めて知りました。

【レビュー】一瞬でiPhoneと接続された!

基本仕様

形状:カナル型

駆動時間:最大8時間バッテリー

充電機能:FastFuel機能 5分充電で約2時間再生

Bluetooth規格:Class1(有効範囲約100m)

【簡単過ぎ】iPhone,Macとの接続

【BeatsXの場合】

①BeatsXの電源を入れる。

②iPhoneのロックを解除する。

③終わり

いやいや簡単過ぎて

最初は本当に繋がったのか疑ってしまいました。

しかもiCloud連携しているようで

持っているiPadやMacではいつでも接続可能な状態で

繋ぎたいときは、設定からBeatsXを選ぶだけでOKでした!

【一般的なBluetoothイヤフォンの場合】

①イヤフォンの電源を入れる。

②電源ボタン長押しなどでペアリング開始

③iPhoneのBluetooth設定メニューで選択

④機器によってはシリアルNo.4ケタなどコードを入れる

⑤終わり

iPadやMacと接続するときは同様にペアリング作業が必要。

これだけBeatsXが簡単なのは

Apple W1チップという技術を搭載しているからです。

【音質】カナル型なので遮音性good!

イヤフォンといったら、音質レビューこそが命!

かと思うのですが

私はフラットな音がどうとか、beatsならではの低音がどうとか

そういった聞き分けができるほどの耳は持っていません。゚(゚´Д`゚)゚。

音の質を文字にして伝える術はありませんが、

BeatsXはイヤフォンとしてはカナル型というもので

耳に突っ込むタイプです。

iPhone付属のEarPodsや完全ワイヤレスで話題のAirPodsは

インイヤー型というもので、耳に沿っと置くタイプです。

付け心地はインイヤー型の方が好みですが

カナル型は耳栓のようにして使うので

周りの音を遮ってくれます。

集中したい時はこちらの方が聞きやすいですし、

何となく低音が響く感じがします・・・。

AirPodsと悩んだ!でもBeatsXを選んだ理由

私がイヤフォンに求めていた機能

①Siriが使えること。

②ハンズフリーで電話できること。

③コードが絡まるのでBluetoothだと尚良し。

①と②は付属のEarPodsでも使えてました。

コードが絡まることを除けば満足でした。

③の条件を満たす製品で悩んだのが

Apple製のAirPodsでした。

完全ワイヤレスですし、BeatsXと同じくapple製品との相性は抜群なのですが

①ワイヤレス過ぎて失くしそう

②ワイヤレス過ぎて見た目に違和感

③操作感が好みではない

という理由でAirPodsは止めました。

私は頻繁に、財布どこだー?家の鍵どこだー?となってしまうタイプです。

AirPodsは紛失する自信があります!

使わない時はさくっとポケットにそのままイヤフォンを入れたいところ

AirPodsはケースに入れる一手間がでそうです。

あとはSiriを呼ぶ時はイヤフォンをタップするという操作感よりも

ボタンリモコンがある方が使いやすいだろうという判断です。

左右のイヤフォンがマグネットでくっつくのがまとめるのにも便利です。

【在庫狙い目】auショップにTELですぐゲット

2月11日に発売して早速大人気&在庫切れのBeatsXです。

・Apple Store Onlineでは納期1-2週間

・ヨドバシ.comでは取り寄せ(納期未定)

・Amazonは何故か値段が倍で売られてる

という中でauショップ、au Online Shopが狙い目です。

私は近所のauショップに電話して2件目で

ホワイトが1式だけ入荷しているとのことで

即取り置きしてもらい30分ほどで買いに行きました。

なおau Online Shopでは

グレイとブルーは2月19日現在在庫ありのようです!

au Online Shop

ホワイト、ブラックは予約受付中という形なので

すぐにゲットしたいと言う人は手間ですが

auショップに電話するのが確実な方法だと思います。

以上簡単ですが、beatsXを購入したので

レビュー&購入方法の紹介でした。

明日からの通勤でも早速使っていきます。

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話