ふるさと納税確定申告の時期が1月からだった件

こんにちは。

ミカズキです:)

2月に入り、バタバタと確定申告の時期です。

私は2016年に3つの自治体に

ふるさと納税しました。

先日、悪戦苦闘(?)しましたが

確定申告用の書類を手続きをしました。

ふるさと納税の寄附金受領証明書を紛失した場合は?
ワンストップ特例制度を利用していませんでした。 その上、医療費控除対象の10万円に達していませんでした。 そのため自分自身で確定申告しなくてはいけないことに! いざ、やってみようと思ったところ、 寄附金受領証明書を1枚紛失していました! このままだと、寄附金額まるっと負担か!? とショックを受けましたが何とかなりました。せっかくなので対処方法をまとめます。

それで確定申告の時期まで待つのかな?

と思っていたのですが、

意外と早くからできることが発覚しました。

スポンサーリンク
タグ大

確定申告の時期(おさらい)

確定申告の時期は毎年同じです。

申告期間:2月16日〜3月15日
※土・日と重なる場合は翌月曜日になります。

ふるさと納税でワンストップ特例制度を利用していれば

特に何も追加手続きの必要なく、

所得税還付と住民税の控除が受けられます。

ワンストップ特例制度
確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。特例の申請にはふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。
出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

ポイントとしては3つです。

  1. ふるさと納税先の自治台数が5つ以内であること
  2. 特例制度適用申請書を提出すること
  3. その他確定申告をする必要がないこと

2の申請書を出していなかったので自分で行う必要がありました。

ふるさと納税の確定申告はいつからできる?

こちらの疑問についてTwitterで

つぶやいてみたところ、

すぐにお返事いただけました。

@midori_assetsさんありがとうございました!

還付申告って?

還付申告って何かなと思い、国税庁HPを調べてみると

確定申告書を提出する義務のない人でも、給与等から源泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることによって、納め過ぎの所得税の還付を受けることができます。この申告を還付申告といいます。

出典:国税庁

っとなんやかんやと書いてありますが

  • ふるさと納税をした人(寄付金控除)
  • 医療が年間10万円以上かかった人(医療費控除)
  • 住宅ローンをその年に組んだ人(住宅ローン控除)

のある方など対象者は多いようです。

この制度により

ふるさと納税した人は2月16日を待たずとも手続きが可能です。

ふるさと納税還付申告の手続き時期・必要書類

還付申告は、

還付申告書は、確定申告期間とは関係なく、
その年の翌年1月1日から5年間提出することができます。
出典:国税庁

つまり、2016年にふるさと納税した人は

2017年1月1日〜5年の間に還付申告書を提出すればOKです。

【必要書類】

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 寄附金受領証明書

確定申告書を作るのには、ふるなびが便利でした。

寄附金受領証明書も万が一、紛失した場合でも

対応していただけました。

ふるさと納税の寄附金受領証明書を紛失した場合は?
ワンストップ特例制度を利用していませんでした。 その上、医療費控除対象の10万円に達していませんでした。 そのため自分自身で確定申告しなくてはいけないことに! いざ、やってみようと思ったところ、 寄附金受領証明書を1枚紛失していました! このままだと、寄附金額まるっと負担か!? とショックを受けましたが何とかなりました。せっかくなので対処方法をまとめます。

まとめ

今回、還付申告というものを初めて知りました。

医療費控除などにも使えるんですね。

Twitterなどで年明け早々に

「2016年分の確定申告完了!」という方が

見受けられたのでどうしているんだろう?

疑問に思っていました。

還付申告であれば、1月1日から可能だったんですね!

1つ勉強になりました。

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話