大寒はいつ?実は金運が上がる日。2017年運気アップを目指そう!

こんにちは。

ミカズキです:)

年明けて寒い日がつづきますね。

仕事の方は5日が仕事初めなのですが、

お取引先に出す資料の関係で4日から出勤しました。

同じお取引先を担当している先輩と二人。

暖房つけていたのですが、

「寒い、寒い」と凍えながらパソコンに向かってました。

さてお正月は年賀状、過ぎれば寒中見舞と

季節は日々変わり、時々の挨拶も移り変わっていきます。

ふと我が家のトイレにじゃけてあるカレンダーを見たら、

二十四節気が描かれていました。

明日1月5日からは小寒(しょうかん)という季節に入ります。

それから大寒(だいかん)という最も寒い季節に入っていきます。

寒いのが苦手なので、ちょっとでも

良い気持ちで迎えられるように何かないかな〜と思い、

大寒について調べてみました!

スポンサーリンク
タグ大

2017年の大寒はいつから?

冬は寒いなんていうのは当たり前のようなことですが、その中でも一番寒い時期といわれるのが、大寒(だいかん)の時期です。

2017年の場合は1月20日~2月3日までのことを大寒というそうです。

「2017年の場合…」と書きましたが、おおよそ1月20日頃のことを言うそうで、

2016年は1月21日から大寒でした。

終わりについては、次の季節に入る時、そう立春ですね。

今年は2月3日が節分(季節を分ける日)を過ぎると、

2月4日には立春と春が訪れる頃となります。

そもそも二十四節季って何?

「にじゅうよんせっき」と読んでいましたが、

正しくは「にじゅうしせっき」と読むそうです。恥ずかし^^;

これは太陰暦(現在は太陽暦)という暦を使っていた時代に

季節を二十四に分けて、それぞれの季節を表す言葉として作られました。

祝日になっている秋分の日とか、陽が長い・短いという夏至・冬至などは

馴染みがありますかね。

その中でも大寒は二十四番目。

1年で最後の季節となります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97より画像引用

大寒は金運アップの狙い時!?

さて、大寒について調べていたところ、

「金運アップの日」という気になるワードが見つかりました。

大寒の卵というのがあるそうで、

大寒の日つまり1月20日に産まれた卵を食べると

「金運アップ」が期待できるそうです。

寒い時期は鶏が水を飲む量が減り、その分エサをたくさん食べるため、

栄養価の高い、濃い卵ができるそうです。

その卵を食べると金運・健康運アップに良いんだとか。

1月20日から寒くなるから、その日限定でなくとも

2月3日頃までの卵でも良いのではないか?

なんて思ってしまいましたが、

大寒初日限定!というのが効果があるのでしょう。

気になる大寒の卵ですが、ネット販売で買えるみたいです。

株式会社落水正商店 <大寒の卵を限定販売>
大寒の卵を限定発売!2017年1月20日、一年で最も寒い大寒の日に産まれる卵は滋養に優れ、昔から大寒の卵を食べると一年を健康に過ごせると言われています。大寒の卵は数に限りがあるため、ご予約はお早めに!

白米の上に乗る黄金色の卵!美味しそうですね。

せっかくなので寒さに負けないよう

美味しい卵で栄養つけて頑張っていきましょう。

まとめ

2017年の大寒は1月20日から2月3日まで。2月4日からは立春です。

大寒、春分、夏至などは二十四節季(にじゅうしせっき)で季節を表す言葉。

四季だけでなくもっと細かく季節を感じてみよう。

大寒の時期は栄養価の高い卵を食べて金運アップ!

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話