「君の名は。」監督の娘・新津ちせちゃんって?主演作品は?

こんばんは。

2016年に大ヒットした映画「君の名は。」で有名な新海誠監督の娘が映画に初主演することが決まりました。

名前は新津ちせちゃん。

有名監督の娘であるのでなおさら気になる人物ですよね。

スポンサーリンク
タグ大

プロフィール

東京都出身

劇団ひまわり所属

父親は新海誠監督、母親は女優の三坂知絵子さん。(なんと東大卒の超エリート)

セリフを覚えるのが早く、本番に強いことで知られています。

最近の映画では「3月のライオン」で川本モモ役を演じました。

舞台やテレビドラマなどでも活躍しています。

映画初主演に決定!

直木賞作家・伊集院静氏の小説「駅までの道をおしえて」で主人公のサヤカ役を演じます。

サヤカは愛犬ルーの死を受け入れられずにいつまでもルーの帰りを待ちます。

同じく、幼い息子を亡くした経験をもつ老人フセコウタローという人物も登場します。

サヤカとフセコウタローが大切なものを亡くした悲しみをあたたかい絆に変えていくストーリーです。

サヤカ役のオーディションは2017年に一般公募で決められました。

オーディションにかかった期間は約3ヶ月。かなりの時間がかかったみたいですね。

映画「3月のライオン」や舞台「美少女戦士セーラームーン」などで注目を集めていたこともあり、今回の主演抜擢につながったようです。

ちせちゃんは主演映画に向けて「がんばりたい」と元気に意気込みを語っています。

実は多数のテレビ・CMにも出演していた!

今回の映画の初主演決定で一躍注目されるようになった新津ちせちゃんですが、実は今までも数々のテレビ・CMにも出演しています。

最近ではミライフのCMやドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書物語〜」の守景陽菜役・「傘をもたない蝶たちは」の赤津里奈役が有名です。

ちせちゃんはこれから期待大の子役に?!ルックスもとても可愛い

父親にも母親にも似ているような気がします。

目が大きくて、穏やかな顔立ちですね。

父親は知らぬ人はいないであろう「君の名は。」の映画監督、母親は東大卒の女優ということで、きっとちせちゃん自身もものすごい天才であること間違いなしですね。

両親から受け継いだものがたくさんあると思います。

他の子役で活躍している人たちよりもずば抜けた存在感と魅力をこれからも出していくのではないでしょうか。

まとめ

今回新津ちせちゃんは初めて映画の主演です。

両親も有名人であるからこそ、期待は大きいと思います。

彼女自身とてもプレッシャーに感じているでしょう。

しかし、そのプレッシャーを映画で打ち消すくらいの演技を魅せてくれれば、一躍芦田愛菜ちゃんのような素晴らしい女優さんになれるかもしれないですね。

今後の活躍に期待したいですね。

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話