冷凍レモンで美肌美白に?作り方や保存期間は?

こんにちは。

毎日暑い日が続きますね。

いつの間にかすっかり日焼けしてしまった方もいるのではないでしょうか。

日焼け止めクリームを塗っていても焼けてしまうくらい、最近の紫外線は恐ろしい強さをもっていますね。

そんな中、冷凍レモンが美しく白い肌をつくってくれるのをご存知ですか?

今日はそれについてお伝えします。

スポンサーリンク
タグ大

レモンはビタミンCのかたまり

ご存知のとおり、レモンは他の食品に比べてビタミンCが圧倒的に多く含まれています。

還元作用のあるビタミンCが多いので、美白・美顔のために使われることもあります。

疲労回復にも効果的なクエン酸が含まれています。

他にもポリフェノール・ペクチン・カリウムなどの栄養素が含まれています。

また、レモンには爽やかな香りもあることから、アロマオイルなどにも使われています。

なぜ冷凍レモンが美白美肌に?実はレモンの皮が美容に必要!

レモンの果汁だけを使ってしまいがちですが、実はレモンの皮こそ美容には最適なのです。

レモンの皮にはレモンの汁よりも数倍もの栄養素が含まれているからです。

栄養素の効能として

殺菌作用

抗酸化作用

がんに効く作用

血管をきれいにして、血圧低下を促す作用

デトックス効果

骨粗しょう症防止

体内浄化作用

免疫力を強める作用

などがあげられます。

抗酸化作用がレモンの皮にはものすごく含まれているため、血管や肌のダメージから守り美肌にさせる効果があります。

今まではレモンは皮を食すことなんて考えませんでしたが、

このような作用が汁以上に有効ならば、ぜひとも使ってみないわけにはいきませんね。

では、なぜレモンを冷凍するのか。

・低温で冷やしたほうがビタミンCが増えるため

・冷凍したほうが苦味を抑えられ食べやすくなるため

などのことからレモンは冷凍したほうが効果的とされています。

冷凍レモンの作り方と活用方法!保存期間は?

とにかく簡単です。

レモンを洗い、水気をしっかりとってラップやフリーザーバッグに入れて冷凍するだけです!

用途によって切り分けてラップをして保存するのもいいでしょう。

保存期間は冷凍庫で約3週間ほどは持つでしょう。

ただし、冷凍する前のレモンの状態も見つつ、早めに使い切るのが良いと思います。

冷凍レモンは皮ごとすりおろしてドリンクや料理に使えます。

他にもいろいろな食べ方がありますよ。

レモンについている防腐剤や農薬の落とし方

レモンには防腐剤や農薬などがたくさんついていますね。

それらもしっかり落としてから、冷凍レモンを作りましょう。

輸入レモンは買わないことをオススメします。

恐ろしい薬剤がついていますので、国産のものを選んでみましょう。

ただし、国産のレモンも農薬がついています。

落とし方としては、

・塩で揉み洗いをする

・食品用洗剤で洗う。

・重曹で洗う。

などの方法があります。

しっかり水で洗い流し、安全なレモンを。

まとめ

いかがでしたか?

冷凍レモンはとても簡単につくれます。

美肌美白効果も期待でき、これからの暑い夏にますます注目されそうですね。

ぜひ作って食して美容効果を実感できるといいですね。

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話