車の中で赤ちゃんの熱中症を防ぐには?チャイルドシートを快適に

こんにちは。

毎日暑いですね。

先日家族3人でドライブに行ってきました。

とてもいい天気で気温もぐんぐん上がり、車の中はエアコンなしではいられませんでした。

チャイルドシートに座っている娘は背中がべショベショになるくらい汗をかいていてビックリしました。

熱くないようにエアコンや日除けで対策していたものの、こんなに汗をかいていたなんて。

いくら車の中でエアコンを入れて涼しくしていても、熱中症になりかねないと思いました。

そこで、今回は我が家が実践してる赤ちゃんの車の中での熱中症対策をご紹介します。

スポンサーリンク
タグ大

赤ちゃんが車内で熱中症になる原因

赤ちゃんはもともと体温が大人よりも高いため、より暑く感じてしまう。

赤ちゃんは体温調節機能も未熟なため、汗を出す力が大人より働かず、脱水状態に陥りやすい。

暑いことを訴える力がない。泣くことしかできないので、大人が熱中症に気がつくのに時間がかかる。

車内は一定温度ではない。

後部座席は運転席や助手席よりも温度が高くなっている。

これらのことが原因であると考えられます。

こんな状態で赤ちゃんがチャイルドシートで後部座席に座れば、熱中症になりかねません。

車内での赤ちゃんの熱中症に気がつくには?とにかく早期発見を!

けいれん

嘔吐

体温が熱い

ぐったりしている

意識がもうろうとしている

反応が良くない

これらを確認してみてください。

赤ちゃんは言葉が話せないので、体調が悪くてもメッセージが伝わるのに時間がかかってしまいます。

車内では定期的に赤ちゃんの様子を観察することが大切です。

少しでも様子がおかしいときは放っておかずに、すぐに応急処置を!

赤ちゃんの車内での熱中症を防ぐには?

今は様々なメーカーでチャイルドシート用のひんやりグッズが販売されています。

ここ最近の夏の気温は異常なくらい上がるので用意すべきでしょう。

タオルに保冷剤を入れて冷えすぎない程度に赤ちゃんの頭や背中などの下に入れる工夫でも大丈夫だと思います。

ひんやりグッズはもちろん、赤ちゃんに着せる衣服もゆるめで涼しいものを選ぶことが大切ですね。

また、こまめな休憩で赤ちゃんを長時間チャイルドシートに座らせたままにしないことで、疲れやストレスからも解放されると思います。

赤ちゃんを快適にするひんやりグッズ

とにかく様々な商品が売っているので、ぜひ各メーカーを比べベストなものを。

ベビーシート用ひんやりシート

→空気の流れを良くして、お尻や背中の汗や熱を逃がすことができる。

→メッシュ素材なので身体から出る熱を逃がすことができる。

→クッション性があるので乗り心地が良い。

→保冷剤を入れられるものもある。

窓につけるシェード

→日の向きによってシェードの位置を変えれられる。

→窓につけるので、エアコンの空調があたりにくくならない。

→車内で赤ちゃんの様子がチャイルドシートから確認できる。(チャイルドシートに付属しているシェードだと、赤ちゃんが見えなくなることがある。)

車内扇風機

→赤ちゃんの近くに設置して、いつでも涼しい風が当たる(風はあたりっぱなしにならないよう注意が必要。)

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんにとって、快適な車内になるように対策をして楽しいドライブをしましょう。

ひんやりグッズに頼ることだけでなく、赤ちゃんをしっかりと観察し体調の変化に気がつく能力がとても重要であると思います。

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話