お風呂場おもちゃで病気になる?危険なおもちゃや対策とは?

こんばんは。

本格的な梅雨シーズンに突入しましたね。

ジメジメ、ムシムシ。

洗濯物はしっかりと乾かないし、カビも生えやすいこの季節。

私にとってそんなスッキリとしない気分を潤すのはお風呂タイムです。

夏でも湯船に浸かると気持ちよく、リフレッシュできます。

0歳の娘と入るときもあります。

成長とともに何かおもちゃなどで遊びたくなってきます。

でも、お風呂場で使うおもちゃの取扱いは注意が必要です。

なぜなら家の中で一番カビの生えやすい場所で遊ぶのですから。

そんなお風呂場でのおもちゃに潜む危険や対策について今回ご紹介していこうと思います。

お風呂場にいる危険な菌

レジオネラ菌

自然界に生息する細菌の一種です。

お風呂場のお湯などに生息するバイオフィルムに(生物膜)に寄生し増殖します。

バイオフィルムはレジオネラ菌を守る役割もあります。

レジオネラ菌は水温20℃〜45℃の範囲で活発に活動し、特に37℃〜41℃が最も繁殖する温度です。

つまり、お風呂場でのお湯の温度はレジオネラ菌にとってまさに最適なのです。

お湯を飲んだことよりも、シャワーや湯気などからのあびたことで感染します。

配管内のバイオフィルムに属するレジオネラ菌を含んだ細かい水滴(エアロゾル)が空気中に飛散し、それが人間の気道に入ることで感染につながります。

レジオネラ菌は、新生児や高齢者、病気を患っている人が感染しやすく、咳や発熱、悪寒などの症状が出ます。

レジオネラ肺炎やポンティアック熱などで重症化するケースも。

毎日使っている場所にこんな危険な菌が潜んでいるなんて、お風呂場に行くのが怖くなってしまいます。

でも、レジオネラ菌ごときに自分の身体を台無しにされたくないですよね。

おもちゃにも菌が

お風呂場は雑菌が増殖しやすいところ。

おもちゃに付着した人間の汗や汚れ、石鹸カスなどあらゆるものが菌の餌となります。

つまり、おもちゃをお風呂場にずっと放置しているととんでもない数の雑菌が付着してしまうことになります。

子どもはおもちゃをなめたりもしますから、常に衛生的に保っておきたいですね。

感染しないためには?人から人の感染は?

レジオネラ菌は人から人への感染はないとされています。

日々のお風呂掃除だけでは防ぎきれない雑菌がいます。

床や天井、浴槽などの掃除だけではなく、浴槽系統配管の化学洗浄も定期的に行いましょう。

洗浄剤はいろいろな種類のものがあるようです。

配管を徹底的に洗浄することで、配管内のバイオフィルムが死滅し、レジオネラ菌が飛散する危険性も低くなります。

おもちゃはつらいでしょうがお風呂場に持ち込まないことが大事だと思います。

たとえおもちゃを使ったとしても綺麗に洗浄し、毎回お風呂場から出しておく方が良いですね。

まとめ

身体も心も綺麗にするお風呂場だからこそ、雑菌に邪魔されず快適なバスタイムを過ごしたいですよね。

たとえお風呂場におもちゃがなくても、子どもたちとお風呂を楽しめる方法はたくさんあります。

会話したり、タオルでぶくぶく風船を作ってみたり。

これからの梅雨を楽しく過ごすためにも今一度お風呂場の菌をやっつけちゃいましょう。

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
スポンサーリンク
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話