三国花火で渋滞しない道は?渋滞に巻き込まれない方法

こんにちは。

梅雨が過ぎればいよいよ夏本番ですね。

夏といえば、やっぱり花火大会が楽しみですよね。

福井県では三国花火大会が有名でして、多くの人で賑わいます。

夏の夜空に色とりどりの花火が打ち上げられるのを見ると、やっぱり夏って良いなあと感じます。

楽しい花火大会につきものなのが行き帰りの車の渋滞です。

そんな渋滞に時間を費やしたくないですね。

今回は三国花火大会の帰りに渋滞を回避するにはどの道が良いのかご紹介します。

三国花火大会って?

福井県の代表的な花火大会の一つに三国花火大会があります。

毎年8月のお盆前に開催され、県外からも多くの人が訪れます。

近くには温泉街もあるので、観光客の人もタイミングが良ければ見られますね。

今年で38回目を迎える三国花火大会は、

打ち上げ花火はもちろん、仕掛け花火、スターマイン、

そして一番の見どころでもある水中花火があります。

船の上から打ち上げられるので海から花火が飛び出すように見え、とっても綺麗です。

北陸を代表する花火といっても過言ではないでしょう。

どの道が渋滞する?空いている道は?

三国花火大会は三国サンセットビーチで開催されます。

帰りに渋滞の予想がされる主な道路は以下のとおりです。

福井方面→あわら街道または国道8号線

石川方面→305号線または国道8号線

特にあわら街道はものすごく渋滞します。

割と信号も多いです。

福井方面に帰るのであれば、

305号線で道の駅みくにの交差点「山岸第二交差点」まで行き、そこから右折して県道20号線を進み帰る。

305号線を福井市方面まで進み、「柳原交差点」で右折し、県道416号線で福井市街へ出る。

石川方面に帰るのであれば、

国道8号線よりも、北潟湖沿いの道を通る方が混まない可能性あり。

大きい道は渋滞するので、あえて田舎道を通って帰ることをオススメします。

ただ、夜ですので夜道には十分に注意してくださいね。

車以外の手段は?

えちぜん鉄道で会場まで向かう人も多いので、当日は臨時列車が出ます。

混むことは予想されますが、車よりも早めに帰れる可能性があります。

観光で芦原温泉へ宿泊されている方は、

三国港駅からあわら湯のまち駅までえちぜん鉄道で帰ることができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

花火大会で大興奮した後に帰りの渋滞で

テンションが下がってしまうようなそんな終わり方は誰もがしたくないです。

今年は渋滞になるべく巻き込まれずスムーズに帰れると夏にしたいですね。

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
スポンサーリンク
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話