コインチェックNEM補償はいつ?いくら?税金はどうなる?

こんにちは。

ミカズキです:)

1月26日コインチェックから仮想通貨NEM(XEM)が不正出金した事件で、

コインチェックからNEMホルダーへの補償について発表がありました。

総額460億円の補償になります。

コインチェックの補償には賛否両論ありますが、まずチェックしていきましょう。

スポンサーリンク
タグ大

コインチェックがNEM保有者へ補償発表!補償額はいくら?

コインチェックのプレスリリースは1月27日夜に行われました。

こちらを参考にすると、

・盗まれたNEMの総額:5億2300万XEM
・保有者数:約26万人
・補償方法:日本円でコインチェックウォレットへ返金
・補償金額:88.549円×保有数
・補償時期:補償時期や手続きについては、検討中
・返金原資:自己資金
となっています。
現状の方針としても事業継続。
補償について、この状況では銀行等からの借り入れは難しいのでは?
と思いましたが、自己資金で約460億円補償可能とはビックリです。

よほど稼いでいたとしても企業も法人税の支払いがあるので、

2017年の稼ぎが2018年にとてつもない税金が課せられるわけで、

コインチェック社の今後のキャッシュ・フロー見通しが気になりますね。

ちゃんと補償額の支払いが行われれるのでしょうか。

補償額については、プレスリリースにあるように、

88.549円×保有数

となっています。

その影響をどこまで受けているか、NEM(XEM)の価格が高騰しています。

ついつい値上がりしていると、高い時価で補償してくれ!

と思ってしまいますが、自分のNEMが0(ゼロ)になることを考えると、

マシに思えるかもしれませんね。

年末年始あたりから、NEMに参入した人は、

購入当時の時価>補償価格になるので、強制ロスカット。

NEMが1円とか20円あたりから購入していた人は、4〜80倍の含み益で強制利確。

と考えられそうです。

【twitter上でも賛否両論】

コインチェックのNEM補償はいつ?入出金再開の時期はどうなる?

コインチェックのNEMの補償がいつ支払われるかは、27日のプレスリリース時点で、

未定です。

460億円分のフリーキャッシュを持っているのでしょうか。

もし無事に日本円が入金されるとしても、

現状、入出金取引が停止しているので、資金回収ができません(泣)

補償が先か、入出金が先かにかかります。

人によっては、460億円の日本円なんて用意ができない、数年かかると懐疑的な人もいます。

入出金再開が先になった場合には、コインチェックからの仮想通貨・日本円流出がさらに進むと思われます。

そうなると無事に補償できるかも心配になるので、まずは早急なNEM(XEM)補償をお願いしたいところです。

一体、ネムはどこへ消えたのか?

とあるビジネス書を思い出しました。

NEM(XEM)で日本円補償されたときの税金はどうなる?

現状、仮想通貨の売買で得られた利益は、株式等の「譲渡所得」ではなく、

「雑所得」に区分されています。

そうなると、所得税で最大45%+住民税10%の55%の税金が課税される可能性があります。

2017年に仮想通貨でも受けた人は、確定申告で頭を悩ませいるのではないでしょうか。

雑所得は年間合計20万円以下の場合は、課税されません。
仮想通貨NEMの将来性に期待して、2018年も売るつもりがなかったコインチェックユーザーからすると、今回の事件で日本円が補償されて、それが雑所得とされたら、翌年の税金が心配になりますね。
今後、専門家らの正式な見解が出てくると思いますが、
今回の補償について、「課税対象になる可能性を調べてみました。
所得税法第三十一条三項に見舞金や損害賠償金を非課税とする規定がありました。
三 心身又は資産に加えられた損害につき支払を受ける相当の見舞金(第九十四条の規定に該当するものその他役務の対価たる性質を有するものを除く。)
出典:所得税法施行令
今回の補償がこちらの対象になるかは、わかりやすいようにコインチェック公式からアナウンスして欲しいところです!

入出金が再開されたら、コインチェックから乗り換えるか

今回のコインチェック事件で、莫大な量のNEMがコインチェックから喪失されたと同時に、

コインチェックに対するユーザーの信頼も地に落ちてしまったのではないかなと思います。

私もコインチェックのアプリが使いやすくて、初めたのですが、

今、保有している仮想通貨をどうしていくか判断に迷っています。

リップル(XRP)なども保有しているので、それが使えるBitTradeかGMOコインに口座を作り、

入出金が再開され次第、送金することを検討中です。

ミカズキ
検討中ってコインチェック記者会見での耳タコワードですね

ミカズキ
とりあえずXRPの使えるGMOコインの口座作ってみました。

【GMOコイン取扱通貨】

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル

まとめ

コインチェックのNEM流出事件の補償について、公式アナウンスがおこなれました。

・盗まれたNEMの総額:5億2300万XEM
・保有者数:約26万人
・補償方法:日本円でコインチェックウォレットへ返金
・補償金額:88.549円×保有数
・補償時期:補償時期や手続きについては、検討中
・返金原資:自己資金

消えたNEM(XEM)の追跡も進んでいると思います。

まずはコインチェックの運営が再開し、入出金停止解除を望むばかりです。

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話