コインチェック倒産したらどうなる?出金停止はいつまでかかる?

こんにちは。

ミカズキです:)

ニコニコできないくらいの大事件が飛び込んできました。

2017年は仮想通貨元年などと言われ、ビットコインをはじめ、

様々な仮想通貨が急騰しました。

仮想通貨バブルの中でも、リップル(XRP)やネム(NEM/XEM)などは

コインチェック銘柄と呼ばれ、数百倍に値段があがりました。

そんな中で、2017年末にテレビCMや最近でもWeb広告をたくさん出している

仮想通貨取引所のコインチェックでXEMの不正送金事件が発覚しました。

被害額は620億円以上!

一体コインチェックはどうなってしまうのか?

自分の預けていたビットコインやネム、リップルはどうなってしまうんでしょうか?

スポンサーリンク
タグ大

コインチェックの売買停止の時系列

【1月26日】
12:07 NEMの入金制限
12:38 NEMの売買停止
12:52 NEMの出金停止
16:33 JPY含め全通貨の出金停止
17:23 BTC(ビットコイン)以外の通貨(オルトコイン)の売買停止
18:50 クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金停止
ほとんどの入出金ができず、コインチェックのチャットは荒れています。

 Twitter上では、コインチェックアカウントへの応援メッセージも一部見られますね。

悲報は突然にやってきました。
コインチェックが預かり資産である仮想通貨「XEM/NEM」を5.4億XEM、約620億円が不正出金されていたことがニュースになりました。
私もコインチェックに入れているお金があるので戦々恐々です(´;ω;`)
他のビットフライヤーなどの取引所を使っている人は買いどきだー!
と言ったところでしょうか。

コインチェック倒産したらどうなる?

コインチェックは2017年に金融庁が行った仮想通貨交換業者の登録をしていませんでした。

仮想通貨交換業者として登録されているのはこちらの11社。

  • マネーパートナーズ
  • QUOINE
  • bitFlyer
  • ビットバンク
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • GMOコイン
  • ビットトレード
  • BTCボックス
  • ビットポイントジャパン
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ

現状、万が一コインチェックが倒産した場合の資産の保障(補償)についてはわかりません。

一般的な銀行や証券会社の場合は、自社の資産と顧客からの預かり資産は分割管理するよう法律で義務付けられています。

万が一、経営破綻/倒産などが合った場合には、預金保険制度により1,000万円まで補償されます。

ただ、残念ながら仮想通貨交換業者であっても分割管理して区別はされていますが、

補償については整った制度がありません。

万が一、コインチェックが倒産などしようものなら、

自分の預けていた資産(JPY/BTC/XRP/XEM)は戻ってこないと考えたほうが良さそうです。

(´・ω・`)

26日23:30過ぎからabemaTVなどで緊急記者会見が行われました。

補償について検討中とのことで、具体的な回答はでていませんでした。

コインチェックから送金された約580億円分のXEM/NEMは顧客のものだったとのこと。

社長のの悲痛な顔が印象的です。

読売新聞がナイスな質問をしていました。

「ネム以外の通貨はきちんと分割管理していて顧客の通貨は守られるか?」

「ネムの補償と合わせて検討中」

ダメかも……?

【追記】時期未定ですが、NEMを日本円で補償する方針が決まりました。

コインチェックから別の取引所へ乗り換える?

今回のコインチェックショックで、仮想通貨自体が危ないのでは?

という疑問の声もささやかれました。

ユミフ
仮想通貨怖い!?
ミカズキ
今回の事件はNEMの技術面には落ち度がないと言われているよ。
ユミフ
これから仮想通貨はどうするの?
ミカズキ
出金再開できるようになったら、コインチェックから乗り換えようと思う!

私はNEM(XEM)以外にもリップル(XRP)を持っており、むしろこっちを本命視しています。

コインチェックは使いやすくて良かったのですが、

今回の騒動を期に別の取引所へ乗り換えます。

リップル(XRP)を取り扱っているGMOコインで、口座開設しました。

【GMOコイン取扱通貨】
BTC-ビットコイン
BCH-ビットコインキャッシュ
ETH-イーサリアム
LTC-ライトコイン
XRP-リップル

GMOコイン公式サイト

※仮想通貨Satoshiプレゼントキャンペーン中
ミカズキ
XRP(リップル)にはこれからも期待大!
【2月4日追記】
同じくXRP(リップル)を取り扱っているビットトレードにも口座開設しました。
複数口座開設して、柔軟に取引していきます。
【ビットトレード取扱コイン】
BTC-ビットコイン
BCH-ビットコインキャッシュ
ETH-イーサリアム
LTC-ライトコイン
XRP-リップル
MONA-モナーコイン
※仮想通貨投資レポートプレゼント中

コインチェックショックの影響は?

確かめるまでもなく、暴落中です。

特にXEMの下落が目立ちますね。

今回、XEMなどの仮想通貨の価値がなくなったとか、

仮想通貨の発行元自体で事件が起きたわけはなく、

取引所で不正送金事件が起きたという状況です。

ただコインチェックのような取引所がこのような騒ぎを起こしてしまうと

仮想通貨全体のイメージ悪化につながり、

コインチェック口座の人は何としても売りたがる(できませんが…)

他の口座の人も、もしかしたら危ないかも…と考えて売る。

どんどん値段が下がる。

という悪循環に陥ります。


こちらのツイートにもあるようにXEM自体の脆弱性ではないというが、

本筋ですが、イメージで売買している人は焦って売りに走りそうです・・・。

取引所の倒産となると、

記憶に新しいのはマウントゴックス事件ですね。

2013年〜2014年頃。

当時はオルトコインはそこまで騒がれておらず、

ビットコインって何?って人もたくさんいたと思います。

そんな折に、当時最大級のビットコイン取引所マウントゴックスが

ビットコインの窃盗(不正疑惑もありますが)により、破産・消滅してしまいました。

当時75BTC(約479億円)のビットコインが引き出されました。

おかげて、仮想通貨を扱う人たちの間では、GOXする(=ゴックスする)という言葉が生まれました。

GOX(ゴックス)するとは?
取引所がハッキングなどにより、仮想通貨を盗まれ破綻、利用者の仮想通貨も消失してしまうこと。
今回の件を踏まえて、コインチェックからの乗り換えを検討しています。

まとめ

今のところ、コインチェックから詳細な発表はされていません。

※1月26日20:00現在

メディアがコインチェック社前に集まっているという情報もあったので、

記者会見などが行われるかもしれません。

コインチェックからネムの補償について正式発表がありました。

コインチェックの入出金停止についても、原因・対策が取られないことには再開の目処はたっておらず、再開したとしても引出したい人で価格下落があるかもしれませんね。

ただ、GOX事件があったときから数年後の2017年にビットコインは急騰しました。

コインチェックショックの影響があったとしても2018年の仮想通貨市場がどうなるかはまだまだわかりませんね。

大事な仮想通貨はウォレットに避難しておいたほうが良さそうです。

盗まれたNEM(XEM)を取り戻すため、NEM財団が動き始めたようです。


GMOコイン公式サイト

関連コンテンツ

関連記事



スポンサーリンク
タグ大
タグ大
© 2017 20代から考えるお金の話