るろ剣北海道編の打ち切りや休載の可能性?作者書類送検で連載どうなる?

こんにちは。

ミカズキです:)

悲報です。

るろ剣の愛称で知られていた「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の作者である和月伸宏氏が書類送検されたというニュースが入ってきました。

2017年9月からジャンプSQで「北海道編」がスタートしたばかりです。

18年ぶりの連載再開、2012年2014年には佐藤健さん主演で実写映画化されたほどの人気作品です。

私もるろ剣アニメを最近見ていて、やっぱり面白いなぁ!と思っていただけに作者書類送検というニュースはショックです。

るろうに剣心北海道編は作者書類送検により休載または打ち切りそれとも連載継続となるのでしょうか。

スポンサーリンク
タグ大

るろ剣北海道編は休載それとも打ち切り?連載継続?

るろうに剣心作者の和月伸宏氏が書類送検されたというニュースを聞いて、ネットの反応としても残念がる人、休載を心配する人、連載継続を望む人などたくさんの反応がありました。

今後のことを考えるにあたって誤解していた方もいたのですが、

今回、作者の和月伸宏氏がニュースになった理由をきちんと確認しておきましょう。

容疑は児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)です。

警視庁の対応としては「逮捕」ではなく「書類送検」です。

「逮捕」となった場合、和月氏が拘束されますが、

「書類送検」の場合、身体は拘束されず、必要書類や証拠物が検察に送られることを意味しています。

罪を犯してしまったことに変わりはないのですが、「逮捕された・・・残念」というのは誤解です。

さて作者書類送検に心配されている「るろうに剣心北海道編」ですが、

現在のところ休載、打ち切り、連載継続についての公式発表は出ていません。

——————————

J-CASTニュースによると集英社の書面回答により、

12月4日発売号から休載

ということが判明しました。

——————————

過去の別マンガの作者逮捕、書類送検された場合のことから考えると、

「逮捕」=休載、打ち切り

「書類送検」=連載継続の場合あり

ということがあり、るろうに剣心北海道編は休載の可能性が低く、連載継続と見込んでいます。

作者が容疑者になったときの連載継続、休載した場合は?

ジャンプ作者でいうと、

「ヒカルの碁」「デスノート」などの超人気作品を生み出した小畑健氏が銃刀法違反で逮捕→その後不起訴になったことがありますが、連載は継続されていました。

その後も「バクマン。」などヒット作の作画を担当していました。

「世紀末リーダー伝たけし!」と私が小中学生の頃に絶大な人気を誇っていたマンガの作者、しまぶーこと島袋光年氏が逮捕されたときには連載終了(打ち切り)となりました。

るろ剣北海道編はどうなる?

るろ剣北海道編の連載継続が危惧される点としては、

昨今は自粛ムードが広がりやすく、今回の和月伸宏氏が書類送検となった児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)は世間のイメージが良くないかもしれません。

2014年7月15日の法律改正で新たに加わった「単純所持」の容疑です。

起訴され有罪となった場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金刑になります。

連載継続となると多かれ少なかれ批判の声は出ると思います。

私個人の意見としては、るろうに剣心北海道編はぜひ読みたいと思っています。

るろうに剣心の動画作品はどうなる?

るろうに剣心のアニメや動画は複数の動画配信サービスで公開されています。

例えばユーネクストでは、

  • るろうに剣心-維新志士への鎮魂歌編
  • るろうに剣心-追憶編
  • るろうに剣心-星霜編
  • るろうに剣心-新京都編
  • 【実写版】るろうに剣心
  • 【実写版】るろうに剣心-京都大火編
  • 【実写版】るろうに剣心-伝説の最期編

が公開されています。

ミカズキ
ユーネクストは無料お試し可能です。→U-NEXT

まとめ

るろうに剣心作者の和月伸宏氏が書類送検されました。

休載、打ち切り、連載継続の公式発表はまだされていません。

ネットの反応を見ていると残念がる人が多いですが、連載継続を望む声が多いようです。

私もるろうに剣心のマンガが好きなので18年ぶりの連載再開と聞いて嬉しかった思いがあり、今回の書類送検はとても残念ですが、打ち切りにせずに連載継続して欲しいなと思います。

続報があれば随時更新していきます。

——————————

J-CASTニュースによると集英社の書面回答により、

12月4日発売号から当面の間休載

ということが判明しました。

——————————

期間についてはまだわかりません。

当面の間休載という期間が、数ヶ月か半年か1年以上かわかりませんが

連載再開を祈るファンも多いと思います。

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話