日経ヴェリタス第477号(4月30日発売)に掲載!ミレニアル世代の投資術

こんにちは。

ミカズキです:)

2017年1月にブログをはじめて、もうすぐ4ヶ月目を迎えます。

「20代から考えるお金の話」というタイトルに沿わない記事ばかり書いていて、投資ブログなんて恥ずかしくて名乗れない…と思っている私が、

なぜか日経新聞社の記者の目に止まり、日経ヴェリタスに掲載されました!

記者の方にはとても丁寧に対応いただきました。

ミカズキ
嬉しい!けどイメージシルエットの鼻高っ(笑)
スポンサーリンク
タグ大

日経ヴェリタスって?

日経ヴェリタスは日本経済新聞社が発行している投資金融情報専門誌です。

発行日:毎週日曜日

定価:550円

個人投資家をメインターゲットとした新聞紙とのことですが、日経ヴェリタス読者の平均世帯金融資産は3,229万円だそうです。

ミカズキ
個人投資家のレベル高すぎ・・・。

記事内容は個別企業の動向に限らず、グローバルマーケットの動向から家計管理まで幅広く取り扱っています。

初めてちゃんと読んだんですが、興味関心の度合いでいうと日経新聞本誌より好きです。

どんな風に取り上げられたの?

今回の日経ヴェリタス第477号の巻頭特集の

いいね!ミレニアル「3S」投資 新世代の流儀

の2ページ目に掲載されました。

よくわからない用語が並んでいますが、

ミレニアルは私も属する世代のことを指す言葉とのことです。

ミカズキ
知らなかった…。 ゆとり世代改め、ミレニアル世代と名乗ります!

ミレニアル=米国で、1980年代半ばから2003年の間に生まれた世代を指す語。「M世代」とも言う。いわゆるデジタルネイティブであり、社会のあり方を変容させる世代として注目されている。
出典:weblio辞書

3SはSmart(スマート)、Social(ソーシャル)、Sharing(シェアリング)という日経ヴェリタスが分類した投資における新しい価値観を指す言葉とのことです。

私はその中のSmart投資のところで取材を受けました。

ヴェリタスを読んだ方と、ごく時々書く私の投資記事をご覧頂いた方はわかるかもしれませんが、私の投資スタイルのどの辺がスマート(=賢い)なんだろうって思いました。

<私の投資スタイルの要点>
・基本的にインデックス連動の投資信託を毎月積立購入(一部アクティブあり)
・購入手数料なし(ノーロード)、信託報酬の低い投信を選ぶ
・資産、家計やマネーフォワードで管理

調子の乗った時に買った個別株で赤字を出しているところもありますが、基本的にはインデックス投信の積立です。私だけの取材内容では「新世代の流儀」なんて重々しいタイトルは相応しくないように思えます。もちろん嬉しいですけど!!

ミレニアル世代に限らず、投信ブロガーの多くの方が王道・鉄板とされている手法ですね。

たくさんの投資ブロガーの人がいる中で私のブログに着目いただいた理由は謎です。

「対面型の証券会社の営業員には会ったこともない」とミカズキさん・・・。

ミカズキ
たぶん私レベルの金融資産と投資額では証券会社の相手にされません

Smart投資として取り上げていただいたことは、金利の少しでも高いネット銀行を利用したり、手数料の低い証券会社で、投資コストを比較しながら、安いものを選んでいくという方法です。

そんなにハードルが高いことではありません。

NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)を活用しようと、ちょっと本を読んでみたり、色々な人の投資ブログを読んで見てください。

すぐにスマート投資家になれますよ。

私以外に掲載された人の記事は、仮想通貨に分散投資、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディング、シェアリングサービスなど「お〜、新世代っぽい!」という経験を語られている人が載っています。

シェアリングサービスは面白いものがあるんだな〜と勉強になりました!

子ども用おもちゃのシェアサービスなんて面白いサービスを知りました。

トイサブ!は0歳、1歳、2歳、3歳のお子様を対象とした上質な知育玩具の定額制レンタルサービスです。赤ちゃん・乳児から幼児までをサポートし、月齢に合わせていつも最適なおもちゃがお手元にある環境を実現します。

月額2,980円で2ヶ月ごとに子どもの月齢に合わせたおもちゃが届けられるそうです。

買い足していく必要がないですし、便利そうですね。

スマート投資のところでは自動貯金アプリ「finbee」のことも取り上げられていました。

コスト意識、スマホ利用、新サービス利用というところがスマート投資なんでしょうか。

自動貯金アプリfinbee解説!実践・活用法
今回は自動貯金アプリ「finbee」(フィンビ−)を じっくりとまとめていきます。 □貯金をはじめたいけど、どうしたら良い? □貯金しているけど、面倒で続かないんだけど? という方にぴったり! 「いつの間にか」「楽しく」貯金できるアプリです。

私が投資を始めたきっかけ

記事の文字数と枠の都合上、掲載されなかったところです。

私が投資を始めたきっかけは、会社で確定拠出年金制度を聞いたことがきっかけです。

当時は投資とかよくわらかないし、そもそも貯金もないし・・・。

という状態でインデックスとアクティブの違いもわからないと言う状況でした。

でも、お金のことってちゃんと教えてもらうこともなかったし、勉強することもなかったなと思い、社会人なって会社の制度を利用することをきっかけに「お金」の勉強を始めました。

知識をきちんと形にしようとファイナンシャルプランナーの資格も取得しました。

自分と家族のお金はきちんと自分の力で守っていこうと思っています。

カバーできないところはプロの力を借りようと思って投資信託を購入しています。

全部自分でやるのは大変ですし、効率的じゃないと仕事を始めて身にしみています。

まとめ(今後について)

今後の投資方針は大きく変えるつもりはありません。

ロボアドバイザーとかソーシャルレンディングや仮想通貨がヴェリタス内でも取り上げられていますが、まだよくわかっていないので手を出していません。

理解できていないものには手を出さない!

というのは私の投資において守っていこうと思うところです。

ブログを始めてから米国株やETFを中心に投資活動をしていらっしゃる方が目立っていると思いました。

私が投資を始めた5年前くらいは直販投信がブームのように感じられました。

時代の潮流というより、個人的に目にするブログやアカウントが偏ってるのかもしれませんね。

そんなときこそ、一歩引いた目で自分の投資スタイルを見直す良い機会かもしれません。

今回の取材は良い機会になりそうです。

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話