AutoDraw(オートドロー)の使い方や作例。ダウンロードやシェアが楽。

こんにちは。

ミカズキです:)

Googleの新サービス

Autodraw(オートドロー)がリリースされました。

Auto=自動

Draw=描く

GoogleのAI(人工知能)が

落書きやイラストを「アーティスト風」に

変換してくれます。

あなたの落書きをアーティスティックに。

そう、Googleならね。

私が書いたクマです。

これが

こうなる

さらにこうなる

あ、いやちょっと違う。

こういうこともある。

スポンサーリンク
タグ大

AutoDrawってどんなツール?

Googleの開発した「お絵かきツール」です。

料金:無料
使える端末:PC、タブレット、スマホ(iPhone,Android)
※ブラウザ上のサービスなのでどの端末でも使えます。

Google公式ページの説明が英語だったので、

Google翻訳にかけてみました。

AutoDrawは、新しい種類の描画ツールです。才能のあるアーティストからの描画と機械学習を組み合わせることで、誰もが視覚的にすばやくあらゆるものを作成できるようになります。

出典:Google AutoDraw

クリップアートのような単純なものだけでなく

様々なアーティストが寄付したデザインを使うことができます!

私のクマも素敵なコアラになりました。

使い方やツールについて

真っ白なキャンバスにオートドローで

適当に書くだけです。

クマをイメージして書くと上に候補の

イラストが表示されます。

ここから好みのイラストを選ぶだけです。

左側にあるツールでは様々なことができます。

ツール

スマホとPCで配置が異なります。

キャプチャはPCから取っています。

「Select」:図形の選択、拡大縮小、回転ができます。

「AutoDraw」:このツールで描くとイラスト候補が表示されます。

「Draw」:このツールでは単純に描く時に使います。

「Type」:文字が入力できます。フォント、サイズも選べます。

「Fill」:塗りつぶし機能です。

「Shape」:◯、△、□が入力できます。

「Color」:色が選べます。40色あります。

「Zoom」:100%〜300%の間で拡大できます。

「Undo」:やり直しができます。Ctrl+Zと同じです。

「Delete」:図形を削除します。

ダウンロードとシェア

ダウンロードは

画面左上のボタンを押します。

PNG形式で保存されます。

シェアボタンもココにあります。

facebookやTwitterにシェアできる他
リンクコピーができます。

絵が下手でも諦めないで!

私は絵が下手です。

美術の成績で最高5段階のうち2でした。

それでもAutoDrawを使えば

伝えられそうな気がします。

Google検索もパソコンからスマホの時代へと言われています。

モバイルファーストです。

パソコンやスマホイラストの

四角い絵をささっと変換してくれました。

営業ツールとしてプレゼンテーションに

使えそうです。

まとめ

今回Googleの新サービス

AutoDrawについて取り上げました。

AI(人工知能)を使ったツールが

身近なサービスとして提供されました。

絵心がない人も安心して使えるツールです。

しかもアプリをダウンロードせず

どの端末でも無料で使える便利ツールです。

Fast drawing for everyone. AutoDraw pairs machine learning with drawings from talented artists to help you draw stuff fast.
スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話