折り紙自動販売機の場所はどこ?値段や作者が誰かを調査

こんにちは。

ミカズキです:)

Twitterでおりがみ自動販売機が話題になっています。


日本は自販機大国と言われ、

おでんやメガネ、1000円でゲーム機が買えるかもしれない自動販売機なんかもあるそうです。

そんな中で手作りの折り紙を自動販売機で売っている場所があるんですね!

スポンサーリンク
タグ大

おりがみ自動販売機の場所はどこ?

場所は、愛媛県にある岡野商店さんのところにあるそうです。

岡野商店は普段日用雑貨を売る中、

タバコ自動販売機を改造して、おりがみ自動販売機を設置したようです。

〒795-0303
愛媛県喜多郡内子町平岡甲1555-3

Googleストリートビューでも確認できました!

道が狭いようですが、Googleマップでも確認できるので何とかアクセスできそうですね。

テレビ朝日のナニコレ珍百景で取り上げられて

一躍、県外から観光客が訪れる名所になったようです。

作っているのは誰?値段は?

おりがみ自動販売機で折り紙を作っているのは、

岡野商店の店主である岡野千鶴さん。

ポチ袋(30円)や手裏剣(10円)の他、

「くちばしがパクパク動くカラス」(50円)

「パオーンと鼻が動くゾウ」(50円)

などギミック(仕掛け)にこだわった作品もあるようです。

価格は、10円、30円、50円の3種類。


30円の商品は2ヶ月に1回季節の作品に入れ替えるそうです。

可愛らしいですし、プレゼントにも良いですね。

外国人観光客から見ると、これも1つのクールジャパンになると思います!

全国の変わり種自販機

調べてみるとおりがみ自動販売機以外にも

全国には変わり種の自動販売機がたくさんありました。

群馬県みどり市東町花輪にある

トーストやそば、ラーメンんが売っている自動販売機

鹿児島県鹿児島市の繁華街天文館にある

クレープの自動販売機

冷えてます!と書いてあるようですが

瓶詰めのクレープが鹿児島や宮崎の方では売っているようです。

まとめ

世の中いろいろな自動販売機がありますね。

関西では格安切符の自動販売機にお世話になったり、

130円とか160円が一般的な飲み物の自動販売機でも

関西では80円とか50円とか

大丈夫!?と思えるような自動販売機がたくさんあります。

今回のおりがみ自動販売機は手作り感や珍しさ、折り紙という皆が知っているけど、難しいものは作れない!といったニーズを汲み取った面白い商品ですね!

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話