ロシア地下鉄爆破テロ犯人の出身は?どんな国?

こんにちは。

ミカズキです:)

凄惨なニュースが流れてきましたね。

ロシアサンクトペテルブルクの地下鉄で

自爆テロがあったそうです。

サンクトペテルブルクというとモスクワに次ぐ

ロシア第2の都市。

人口は約500万人で日本で言うと福岡県くらいの規模です。

今回の自爆テロにより死亡した犯人は

中央アジア出身の男とのことでしたが、

イギリスBCCニュースで

キルギス出身ということが判明したそうです。

スポンサーリンク
タグ大

キルギスってどんな国?

 キルギスは中国新疆ウイグル自治区の西側にあります。

タジキスタン、カザフスタン、アフガニスタンなどがある中央アジアの一国です。

昔はキルギスもキリギスタンと呼ばれていたそうです。

ちなみに「スタン」というのは正確には「イスタン=〜が多い場所」と言う意味があるそうです。

アフガン人の多い場所=アフガニスタンと言う意味なんですね。

元々はソビエト連邦の1つの国であったようです。

大昔はモンゴルの支配下になっていたりと何かと不幸(?)にさいなまれているみたいです。

陸続きの中央アジアなので敵が多いというのは地理的にも理由があるのかもしれませんね。

キルギスの宗教や治安は?

Wikipediaによると、

宗教はイスラム教が75%、キリスト教正教会が20%、その他5%とのこと。

ただイスラム教≠イスラム過激派というように一致するわけではないので注意が必要です。

キルギス自体の治安は必ずしも良くないと大使館で注意喚起しています。

キルギスの治安状況は,世界の中でも治安の優れた日本と比べ,必ずしも良くあ りません。また,道路の整備不良など,防犯面以外にも日本と違った危険も潜んで おり,常に事件や事故と隣り合わせの環境にあるといっても過言ではありません。

キルギス安全の手引き

またキルギスは結婚について変わった風習があり、

男性が女性を無理やり連れて帰り、結婚する「誘拐結婚」があるそうです。

数年前のニュースで取材されていたような記憶がありますが、恐ろしい風習ですね。

好きな者同士の駆け落ち…というのも親族からしたら好ましくないことですが、ましてや誘拐されて結婚してとなると、私が女性側の親族であれば怒りどころではないと思います。

キルギス人は日本人と似ている?

とんだ慣習があるキルギスですが

日本人と顔立ちが似ているそうです。

「大昔、キルギス人と日本人が兄弟で、肉が好きな者はキルギス人となり、魚を好きな者は東に渡って日本人となった。」

という言われがあるとのこと。

これも中央アジアからモンゴルや中国などの大陸を渡って日本に移住した人たちがいたのかもしれません。

大使館や在留邦人もおり国際的に日本とも交流がる国です。

まとめ

今回の事件ではイスラム過激派と関係を持っていたとされるキルギス出身のロシア人のようです。

テロ犯の出身地=悪という構図をイメージしがちですが、イスラム教≠イスラム過激派であるように出身と宗教だけで判別するのは無為な争いのもとになってしまうなと思います。

ただ今回のロシアのサンクトペテルブルク地下鉄爆破テロの動機なども不明な中で対ロシアとしてはどのような姿勢を見せるのでしょうか。

またロンドンやパリなど主要先進国でのテロ事件がここ数年相次いでいます。

日本だから安心というわけではなく、かといってテロに対して備えるということも難しいです。

せめて家族とは万が一の避難場所や連絡手段を災害対策を兼ねて話し合っておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話