払込取扱票(振込用紙)の訂正の仕方は?修正テープは使える?

こんにちは。

ミカズキです:)

私はあまりテレビを見ないのですが

ネットニュースやTwitterで話題になっている

森友学園のニュースが気になりました。

経緯や内容には興味がないのですが、

安倍首相から寄付金を受けたとった記録として資料が出てきた「払込取扱票」の修正の仕方です。

出典:毎日新聞

修正テープって…。

と思わず呆れというか笑いが起きる話です。

記事にするまでもないことかもしれませんが、

払込取扱票(振込用紙)含めて契約書や領収書含めて公的な文書を直す時のルールを確認しておきます。

払込取扱票と振込用紙
ゆうちょ銀行と一般の銀行の名称の違いなどで用語が異なるようです。意味合いは共通しているところもあるので混同して記載しています。
【その他の例】
お金を貯めておく口座の名称
ゆうちょ:貯金口座
一般銀行:預金口座
スポンサーリンク
タグ大

払込取扱票(振込用紙)の訂正の仕方

書類で間違いが多いのは金額や日付かなと思います。

今回のように依頼人の名前をごっそり訂正するということは一般的にはゼロといっても良いのではないでしょうか。

払込取扱票だけでなく、履歴書や申込書など公的な文書で間違えてしまった場合、

新しい用紙が用意できるのなら、書き直した方が良いでしょう。

就活の時、履歴書やエントリーシートを書いていて、最後の最後で書き間違えてしまった時の絶望感はひどいものです。

履歴書では訂正印も修正テープもダメなんて書いてある就活本やセミナーがあり、当時はきちんと書き直していました。

予めコピーをとっておいたり、シャーペンなどで下書きまでしてみたりと工夫していた友人もいましたが、手書きだから気持ちが伝わるとか…そういう風潮はそもそも止めて欲しかったですね。

【新しい用紙が用意できない場合】

  1. 間違い箇所を二重線で消す
  2. 訂正印を押す
  3. 余白に正しい文字を記載する

基本はこれになるでしょう。

細かい方法などはあるようですが

明確に書式(書き方)が法律などで決まっている訳ではなく、ビジネスルール、一般常識として不文律になっているのだと思います。

今回のニュースで取り上げらた払込通知書では修正テープが使われていました。

修正テープ、修正液は公的な文書では受付されません。

まして、お金を取扱う金融機関で、修正テープで訂正された書類を受け付けることはあり得ないでしょう。

スキャナーで読み取った場合にも文字が透けてしまい、修正した文字も読み取れなくなります。

訂正印って?

就職したら名刺入れ訂正印を用意しなさい。

アドバイスがありました。

当時は恥ずかしながら、訂正印って何?

という状態でした。

ブログ読んでいただけた方、

訂正印の存在っていつごろ知りました?

認印、実印、銀行員、丸印、角印など

学校で教わった覚えがないのですが

親や働き始めた段階で教わるものでしょうか。

さて訂正印とは、

公文書の誤記を訂正するために押される印章、若しくは、その押印された印影をいう。

出典:Wikipedia

要は、ハンコなのですが

訂正印専用のハンコを使わなければいけない!

というルールはないようです。

一般的な認印や実印が10mm以上のものが多い中、

訂正印として流通しているものは5~6mmのものが多いようです。

印鑑のサイズが多すぎると書類の訂正をする際に余白を減らしてしまうので、小さめのほうが便利ということでしょう。

訂正印の代わりにサインじゃダメなの?
印鑑なんて持ってない!面倒くさい!私は欧米スタイルなのだ!という方もいると思いますが、訂正方法について明確なルールがない以上、訂正印の代わりにサインじゃダメか?という疑問に対しては、ケースバイケースとしか言えない状況です。
自分でOKかどうか判断するより、提出先(相手方)が受領できるかどうかを確認が必要です。

まとめ

常識と言ってしまえば常識になると思うのですが

公文書を書き直す時に修正テープは使えません!

だいたい今回の払込取扱票には郵便局の印鑑が押してありますが

修正テープの下に押してあるようにも見えます。

現物が公開されればすぐにわかるでしょうし、

該当の淀川新北野郵便局には修正テープが使われた払込通知表を受け取るんですか?

などという問い合わせが入っているかもしれません。

真偽はともかく、公文書の訂正の仕方は不文律であるにしても

ある程度常識の範囲内での修正方法を知っていて欲しいですね。

スポンサーリンク
タグ大
タグ大
関連コンテンツ
© 2017 20代から考えるお金の話